イマカツジャバロンハード愛用者のブログです。

イマカツジャバロンハードの詳細をご紹介します! イマカツのジャバロンハードとは、多節系ビッグベイトの究極進化、ソフトベイトとハードベイトの優性遺伝、ジャバロンハードです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イマカツ ルアーフィシング入門 基本

ルアーフィッシングとは、生き餌を使う従来の釣りとは違い、疑似餌(ルアー) を用いて行う釣りのことです。そんなルアーフィッシング入門の基本として、イマカツは使いやすいルアーも充実しています。

○イマカツルアーフィッシング入門編=ルアーの種類
ルアーには、スプーン、スピナー、スピナーベイト、バスベイト、ミノー・プラグ、ラバージグ、ワームなどがあります。
スポーツ感覚で若い人から大人まで幅広い層で支持され楽しまれています。

○イマカツルアーフィッシング入門編=対象魚
代表的なルアーフィッシングの対象魚としては、淡水ではサケ・マス類、ブラックバス、ライギョなどがあり、海水ではスズキ(シーバス)、シイラ、ヒラメ、ブリ、カサゴ、アイナメなどがあります。そして基本的に、釣った魚は持って帰らず、キャッチ&リリースといい、その場で放流されることが多いです。

○イマカツルアーフィッシング入門編=鱒ボール現象
ルアーフィッシングに限らず、最近のニジマスをはじめとしたトラウト類の「管理釣り場」が増えています。そこではクリアなポンドなどで魚達の生態やエサやルアー、フライなどに喰いつく瞬間がよく観察できます。よく見られる現象として通称「鱒ボール」と呼ばれるニジマスの群集がある事です。敢えて「群泳」でなく「群集」と表現しましたのは、数10~数100匹の群れが黒く固まり、ただ浮かび一定の場所に留まり、何かのきっかけでその群れ全体が移動していくからです。その姿は「泳ぐ」というよりもむしろ「漂う」という表現が適当ですね。 なぜ「鱒ボール」ができるかについては諸説あります。隠れる場所が少ない「管理釣り場」でニジマスたちが外敵から身を守る手段ではないかという説が有力でありますが、真相はまだ明らかにされていません。 また、外来種として各地の湖川に定着したニジマスもこの「鱒ボール」を作るのか否かといった疑問も残りますね。ともあれ、専門家の調査が待たれる「謎の行動」であることは間違いありませんね。

イマカツでは他にもルアーフィッシング入門に関していろいろありますので、要チェックです。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/23(土) 20:02:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

イマカツ 引退 スポーツ

イマカツホームページを見ると引退の言葉がブログの方でちらほら・・・。プロの釣りの世界にも引退があることを初めて知りました。イマカツさんだけではない、引退の意味に迫ります。

まずは、引退(いんたい、英:retirement)とは、官職や地位等から退いたり、スポーツ選手などが選手としての身分を離れたりする事です。プロスポーツ選手の他、スポーツを行っている学生・生徒らが最終学年となって高校・大学受験等で試合出場の機会が無くなり、所属するクラブや部活動から離れる事も引退と呼ばれます。 また、鉄道の車両などが役割を終えたときも引退と呼びます。

プロスポーツの場合、あらかじめ引退が予告される事があり、その場合、引退試合とされることがあります。大相撲の引退においては取組としての引退試合はなく、引退宣言後の断髪式が有名です。

イマカツさんのようなプロ釣り師の方々の引退とはどのどのような形なのか、個人的にとても気になる所です。多分個人の見解を言わさせてもらいますと、イマカツさんのようなプロ釣り師の方々の引退に大きく絡むのは、”体調”じゃないでしょうか。やはり、イマカツさんのようなプロ釣り師の方々は、忍耐力も体力も使うスポーツですから、他のスポーツ同様、体資本の世界だと思いますので、イマカツのメンバーさんには、体に気おつけて頑張っていただきたいです。


  1. 2008/03/02(日) 19:50:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イマカツ ダメージキャップ 古代エジプト

イマカツダメージキャップを調べていくうち、各時代の帽子の役割ですとか、起源が気になりました。イマカツのダメージキャップ本当にかっこいいのですが、古代エジプトの人たちは、帽子をどう捉えていたのでしょうか。謎ですね。

エジプトの服装は単純なもので、首からウエストあるいは足首までのチュニック風のものとロイン・クロス(loincloth)を用いました。男性の髪型は種々あって、髪飾りやかぶりものでいろいろ変化を出しました。

王朝時代に入ると、奴隷から王にいたるまで帽子の代りとも考えられる”かつら”を使用するようになりました。
かつらの一般的なものはボブ(bob)で、自分の毛髪をやや伸ばしたはどの小じんまりしたものでした。新王国時代になりますと、国王はかつらの上に横縞のボンネットをスカーフのようにかぶりました。

その他、各種の王冠がありましたが、これは金属の丈の高い筒型だったりヘルメット型でしねが女性のかつらはかなり装飾的で、長さ、縮み方、飾りで変化づけられ、それにリボン結びをしたり、香水をかけた円錐形の飾りをつける習慣がありました。
中王国の王妃のかつらには、巻貝のように長く両横に垂らしたものもみられます。

古代エジプトの人たちはどうやら今で言う”かつら”を頭に置いていたのですね。時代は流れ、たくさん帽子が生れました。イマカツのダメージキャップもただ単に、イマカツとブランドが付いているダメージキャップではありません。他のダメージキャップとは一味違うイマカツダメージキャップをおススメします。

  1. 2008/03/01(土) 15:46:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

imakatsun

Author:imakatsun
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム

この人と友達になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。